日本洗浄士協会の洗浄士たちが、日常のキレイに関するコツをお教えします。

カーペットしみとり

カーペットの染み取りに
挑戦します《基本編》



カーペットの染み取りに挑戦です。

ビルクリーニング技能士の基本技術。

大雑把に紹介します。

なんの汚れかもさっぱりわからない、という前提です。

最大のポイントはゴシゴシこすって汚れを広げないことです!!



①水性の汚れか油性の汚れかを見極める。



固めに絞った濡れタオルを人差し指を覆い、

汚れを広げないように、汚れの外ふちから中心に向かってこすります。




タオルが汚れていれば水性の汚れ、帰ってこなかったら油性の汚れです(シンプル!)。

②まず水性の汚れ。①の要領で、汚れが戻ってこなくなるまで水だけで除去します。

汚れがタオルに戻らなくなったら、中性洗剤をあまり広範囲に広げないよう、汚れにスプレーします。



台所洗剤を10倍くらいに薄めたものでいいと思います。

③上に乾いたタオル(もしくはキッチンペーパー)をしいて、ブラシで押さえ、振動。

タオルに汚れを移しま~す。



ゴシゴシこすると汚れを広げてしまうので、ブラシの位置は固定したまま。

④向きを変えて、



⑤これを何度か繰り返します。せっかくタオルに移した汚れを戻さないようにタオルの位置をこまめに変えながら。

⑥汚れがあらかた取れたら清水でリンスします。



汚れよりひとまわり広範囲に水をシャッとスプレーして、③の要領でタオルに水分を移します。

⑦終了~。毛並みをそろえてください。





次、油性汚れ。水拭きのタオルでは反応がなかったほうです。



⑧専用の油性汚れ用染みとり剤(溶剤系)があればいいですけど、手に入りやすいのは除光液やベンジン。



⑨綿棒で塗布してやると、すぐに汚れが移ってくるのが油性汚れの証拠です。



⑩水性汚れと同じように、溶剤を塗った箇所に乾いたタオル等をかぶせ、汚れを移します。

⑪汚れが戻ってこなくなったら、仕上げに②~⑥の作業をしてください。

⑫完成~。





建物・生活環境の洗浄士
にもっと聞きたい!
建物・生活環境の洗浄士
をもっと知りたい!
建物・生活環境の洗浄士
にキレイを頼みたい!






同じカテゴリー()の記事画像
掃除機のかけ方のコツ
同じカテゴリー()の記事
 床にワックスを塗る注意点 (2009-08-19 18:02)
 掃除機のかけ方のコツ (2009-08-14 15:30)


日本洗浄士協会 プロが教えるキレイのコツトップへ
プロフィール
日本洗浄士協会
QRコード
QRCODE
インフォメーション

△ページトップへ