日本洗浄士協会の洗浄士たちが、日常のキレイに関するコツをお教えします。

仏具磨き~漆もの~

仏具磨き
~漆もの~







写真は
ご飯入れ(仏器)を置く台が右、香炉を置く台が左になります。


白くなっている部分が汚れです。
ほこり、すす、人の手の油等。


【用意するもの】
ウエス3枚、石鹸水or中性洗剤(薄め)、水


【仕方】
①ウエスを石鹸水に浸し、絞る。
②あまりこすりつけないよう(キズの原因になります)磨きます。
③ウエスで水拭きをします。
④水拭きしたらすぐウエスで乾拭きします。
  水分は敵です。早めに拭きあげましよう。


※ろうそくのロウが付着している場合があります。
 爪などで無理やり取るとキズの原因になります。
 ロウを溶かす作業をしてください。(お湯やドライヤーなど。やけどに注意!!)
 溶けたらすばやくティッシュで拭きあげて、捨ててください。
 
 
 タオルやウエスで拭きあげると洗濯機に付着したり、
 故障に原因になりかねません。
 
 ティッシュがお勧めです。


「子どもの頃、よくお盆前にやってたなぁ」と
いう方が多いと思います。

仏具磨きは細かい作業もあります。

子供にとっても面倒なことだとおもいますが
このような思い出があることは
いつもご先祖とともに生きてきた証にもなります。


タグ :仏具掃除

同じカテゴリー(仏壇)の記事画像
漆掃除
ろうそく立て磨き方
同じカテゴリー(仏壇)の記事
 漆掃除 (2009-11-18 13:58)
 ろうそく立て磨き方 (2009-10-06 16:41)


日本洗浄士協会 プロが教えるキレイのコツトップへ
プロフィール
日本洗浄士協会
QRコード
QRCODE
インフォメーション

△ページトップへ