日本洗浄士協会の洗浄士たちが、日常のキレイに関するコツをお教えします。

  

インプラントと歯周病

インプラントは歯周病になるのでしょうか
答えはYESです



歯周病とは歯を支えている歯ぐきや骨が溶か
されてしまう病気です。
歯周病の原因菌が周囲の組織に炎症を起こして悪く
なっていくのですが、この場合は自分の歯でもインプラント
でも関係なく、周囲の組織に影響が出ます。
むしろ人工物のインプラントのほうが、早く悪くなって
しまう可能性が高いようです。

それでは、ここでインプラントのメンテナンスで重要な
ポイントを一つ。

徹底的に歯周病を予防することに重点を置きましょう。



ターゲットはインプラントと歯茎の境目。
ここの部分を特に念入りに磨くことが重要です。
さらに歯と歯の間の隙間にたまりやすいプラークを
徹底的に取り除きます。
一番重要なのは、定期的に歯科医院で検診を受けて
汚れを取ってもらうことです。
1~3カ月おきの検診をお勧めします。
  


インプラントと虫歯

インプラントって虫歯になるの?
答えはNOです





虫歯というのは虫歯の原因になる細菌が作り出す酸によって
歯が溶かされていく病気です。
インプラントに使われているチタン、その上にかぶせている冠に
使っている金属やセラミックは、こうした細菌が作る酸によって
溶かされることがありません。
ですからインプラントの上にかぶせた人工の歯のところには
虫歯はできないのです。

だからといって歯を磨かなくていいというわけではありません。

その理由はこちら

  


インプラントの寿命を左右するもの

せっかく入れたインプラント
お手入れの差が寿命の差になります。



インプラントとは、チタンという金属でできた
人工の歯根を手術によってあごの骨の中に
埋め込んで歯を作る治療法です。
最近では治療法も進化し、確実性の高い
治療になってきました。




しかしこの治療法は、高度な技術と精密な
道具がたくさん必要で保険が利かないために、
どうしても費用も高額になってしまいます。



せっかく高いお金をかけてインプラントの治療に
よる恩恵が受けられたとしても、すぐに使えなくなって
しまっては台無しです。
そのためにはしっかりとメンテナンスをする必要があります。
インプラントには人工物ですので、自然治癒力が働きません。
ですから自分の歯以上に気をつけてしっかりとメンテナンスする
必要があります。






  


日本洗浄士協会 プロが教えるキレイのコツトップへ
プロフィール
日本洗浄士協会
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション

△ページトップへ