日本洗浄士協会の洗浄士たちが、日常のキレイに関するコツをお教えします。

  

ガラス掃除をする

効率よく
ガラスの掃除をしよう!



年末、ガラス掃除を恒例にされている方も多いでしょう。

思えば子ども時代、ぼくの分担もガラス掃除でした。

丸腰掛に乗っかって、

ガラス専用洗剤のスプレーを振って、ぼろいタオルで拭きあげ。

何度拭いてもタオルの埃のだまが付く、筋が残る・・・。

きつかったなあ・・・。



さて、ガラス拭き。

一番のオススメは、

こういう器具を購入することです。



ガラス用スクイジーといいます。

T字の金具の上辺にゴムを噛んだような形状の道具。

野球のスクイズ(squeeze=圧力をかけて無理やり押し出す)と、

意味的には同じ(?)同じだと考えてください。

ビル清掃で用いる道具ですが、家庭でもどんどん利用したらいいと思います。

これ一本でガラスの掃除はもちろん、



ピカピカのステンレス面、



浴室の石けん台、

鏡、といろんな場所の掃除が、

ものすごく上手に、手早くできます。

だまや筋で、嫌んなっちゃうこともなくなるでしょう。



ホームセンターに行けば2,000円から3,000円程度で、お手ごろなサイズが選べます。

これは、そりゃ言えば同じ道具ですが、

100均のものより、ちゃんとしたものが絶対いいです。

ちゃんと水滴が切れないから、仕上がりが筋々になる・・・。



さて、

準備してもらったスクイジー。

は、

まだ使いません。

順番があります。

ガラスを拭く前に、網戸やサッシの掃除をしましょう!



サッシを掃除機で吸い取ります。

刷毛やちっちゃいブラシで払ってもいいですが。

ホコリだけじゃなく、ハエやカメムシの死骸が必ず数個でてきます。

さらに網戸もホコリを取っておきましょう。

道路面とか、相当汚れてますよ。

ただし網戸は内側からあまり強く圧力を掛けると網が取れちゃうので注意。



さて、このあと、一番早いのは、

周囲が水を流せる庭やベランダの場合、

ホースでいっぺんに、思いっきり水を掛けることです。



この場合、網戸もサッシも、ガラスも、水勢が調整できるなら強くブワーッと。

溜まってるもの、根こそぎ洗い出してください。

そして乾いたタオルで「ガラス以外」を拭き上げます。



水を掛けられない場合は水拭きします。

最初に掃除機でホコリを十分に取っておけば、この時の拭き上げが楽です。

サッシの掃除にはタオルを割り箸か竹串で押さえ、狭い溝をきれいにします。



さて、網戸とサッシを先に仕上げたら、

地味な説明も終わり。

ようやくスクイジーの出番です!



用意するものは、

・水バケツ

・食器用洗剤

・タオル2枚以上

・スクイジーです。

まず、水の入ったバケツに食器用洗剤を数滴、たらしてください。

数滴の食器用洗剤は汚れ落ちをよくし、スクイジーの滑りを良くします!

そして、そこでタオルを濡らし、絞ります。

柔らかすぎず硬すぎず。

それでガラスを、隙間がないように拭きます。

隅っこまで指に力を入れてきっちり拭きます。

  

このときタオルの水加減のコツがわかります。

すぐ乾いちゃわない程度、かつ、ダラダラに流れ落ちない程度。

そして、ようやくスクイジーです。

右利きの人は左上から真下に切ります。

15度くらい角度をつけて引きます。

  

ガラスの下端までは切りにくいので、15センチくらい残します。

右にずれて、最初に切った箇所を5センチくらい重ねて、真下に引きます。

すると、こんな風に水が残ることになります。



残った水は、横引きで切ります。



窓枠に沿って残った水を乾いたタオルで拭き取ります。ガラスを汚さないように!



出来上がり!






建物・生活環境の洗浄士
にもっと聞きたい!
建物・生活環境の洗浄士
をもっと知りたい!
建物・生活環境の洗浄士
にキレイを頼みたい!
  


窓掃除のコツ

窓掃除の裏技
伝授します。



一番有名な窓掃除の裏技は、新聞紙で吹き上げる。

って事でしょうか?

新聞紙は、吸水性がある上、新聞紙に付いてるインクが、
ワックスの効果があるという事です。

もっとキレイに仕上げたかったら、
窓は外して、洗ってあげた方が、断然にキレイになります。

①窓を外してあげて、一度水だけで、キレイにドロやホコリを取り除いてあげます。

②市販のガラス用洗剤でも良いと思いますが、
僕のお勧めはヤシノミ洗剤です。
洗剤は、多く付けすぎると、後が大変です。
50倍~70倍位に薄めて使うと良いと思います。

洗車ブラシ等で、円を描くように優しく満遍なく洗ってあげましょう。

③プロは、スクイジーと言う、T型の道具を使います。
しっかり水気を取ってあげましょう。
スクイジーを使っても、白い線が見えたりします。
Tシャツのハギレで、しっかり吹き上げれば、タオルで仕上げた時の様な、
ケバがたちません。

冊子もキレイにしましょう。

しっかり水で洗い流して、上の写真の様に竹串に布をつけて、
隅々までキレイにしましょう。


仕上がりは、ご覧の感じになります。


レールには、油を塗ってあげたら窓の開閉もスムーズになります。

  


日本洗浄士協会 プロが教えるキレイのコツトップへ
プロフィール
日本洗浄士協会
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション

△ページトップへ